長崎県離島・へき地医療支援センター

文字サイズ
文字サイズ(標準)
文字サイズ(拡大)
お電話でのお問い合わせ0957-52-3121

離島・へき地の医師募集

お問い合わせは長崎県離島・へき地医療支援センター(長崎大学病院内)までお願い致します。

【お問い合わせ先】長崎県離島・へき地医療支援センター
TEL:095-819-7346 Mail:info@nhmsc.jp

医療機関名をクリックすると求人情報詳細をご覧いただけます。

長崎県上五島病院附属診療所有川医療センター地図

医療機関名 長崎県上五島病院附属診療所有川医療センター
医療機関所在地 長崎県南松浦郡新上五島町有川郷2255番地
開設者 長崎県病院企業団 企業長 米倉 正大(長崎大学卒)
所長 八坂 貴宏(長崎大学卒)
病床数 無床
診療科目 内科、外科、小児科、整形外科、リハビリテーション科
医師数
及び体制
常勤1名、非常勤1名  2名体制
職員数 看護師(17名)、薬剤師、放射線技師、検査技師、療法士、
事務職員等   計36名
診療日・診療時間 月曜日~土曜日 週6日 (土曜日は日直体制)
8時30分~17時15分(水・金は19時迄、土曜日は12時迄)
休日・休暇 土曜日・日曜日・祭日・年末年始(ただし、日直の場合も有)
有給休暇有
平均患者数 平成26年度実績 外来患者:137人/日
平成25年度実績 外来患者:139人/日
主な医療設備 CT(16列)、超音波装置、X線一般撮影装置、血圧脈波検査装置、
透析設備(20床)
募集医師数 1名(診療科目:内科)
採用予定年月 随時
年齢 不問 
給与 長崎県病院企業団の給与条例による
(免許取得10年で約1,600万円)
医師住宅 医師住宅 有(月額15,000円)、築30年
離島の場合 島の人口:20,813人、島の面積:213.98㎢
交通手段 長崎港から、高速船で100分、フェリーで2時間35分
佐世保港から、高速船で80分、フェリーで2時間30分
開設者からのコメント、PR等 1.施設紹介
 ○当センターは、外来・透析・健診・リハビリ・へき地診療所支援に力を入れている無床診療所です。透析の病床は20床を有し、新上五島町の慢性透析センターとしての役割を担っています。また、地域唯一の禁煙外来・夜間外来(水・金)・土曜外来(午前)を実施しており、地域住民に好評を得ています。
2.ロケーション
 ○新上五島町は.九州の西端、長崎県五島列島の北部に位置し、中通島と若松島を中心とする7つの有人島と60の無人島から構成されています。町の大部分が西海国立公園に指定され、東海岸の断崖の眺望と西海岸に広がる若松瀬戸の景観は非常に美しく観光客に人気があります。釣り人憧れの島としても知られ毎年大勢の釣り客が訪れます。隠れキリシタンの島としても知られ29の教会が点在し、うち2つは国の重要文化財の指定を受けています。食も魚はもちろん日本三大うどんのひとつ五島うどんが有名です。

西海市国民健康保険江島診療所地図

医療機関名 西海市国民健康保険江島診療所
医療機関所在地 長崎県西海市崎戸町江島2275番地1
開設者 西海市長・田中隆一
病床数 無床
診療科目 内科、外科、歯科
医師数
及び体制
常勤 1名 1名体制
職員数 看護師 1名 計 1名
診療日及び
診療時間
月曜日~金曜日 週5日     9時00分~17時00分
休日・休暇 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始 有給休暇有
平均患者数

平成26年度実績 外来患者:  7人/日
平成25年度実績 外来患者:  8人/日

主な医療設備 X線撮影機、腹部エコー、心電計、自動血球測定器ほか
募集医師数 1名(正規職員または嘱託医師) 診療科目:内科または外科
採用予定年月 平成28年1月以降、随時
年齢 正規職員:64歳まで(昭和26年4月2日以降に生まれた方)
嘱託医師:おおむね70歳まで
給与 西海市の医師の給与条例による(約1,500~2,150万円)
(医師歴10年目で概ね1,750万円:詳細はご相談の上)
移転費用の有無 有:移転料、着後手当等
医師住宅 医師住宅 有(家賃は無料、ただし光熱水費等は自己負担)、
平成23年3月築(一戸建)
離島の場合 島の人口: 139人、島の面積: 2.60㎢、島の周囲: 9.6㎞
交通手段 佐世保港から約2時間、崎戸港から約50分(フェリーみしま)
開設者からのコメント、PR等 西海市国民健康保険直営診療施設「江島診療所」の医師を募集します! 
西海市は、長崎市と佐世保市の中間に位置し、農業、漁業を主産業とする人口約3万人の自然豊かな町です。
今回募集する江島は、本土側の崎戸本島の西方、上五島とのほぼ中間に浮かび、崎戸港から1日1回の定期船(フェリー)、約50分で結ばれています。
島の人口は3月末で154人、主産業は漁業で、イセエビは、県内でも産地として有名です。
診療規模は、1日平均約7名(H26)の外来患者数です。
勤務条件など詳細は、相談させていただきます。

五島市国民健康保険久賀診療所地図

医療機関名 五島市国民健康保険久賀診療所
医療機関所在地 五島市久賀町245-1
開設者 五島市長 野口 市太郎
病床数
診療科目 内科、(内科、外科、小児科を標榜)
医師数
及び体制
常勤1名体制
職員数 看護師2名(看護職)
診療日及び
診療時間
月曜日~金曜日 週5日   8時30分~17時00分
休日・休暇 土曜日・日曜日・祭日・年末年始、有給休暇有
平均患者数 平成26年度実績 外来患者:12.7人/日
平成25年度実績 外来患者:14.8人/日
主な医療設備 X線(画像読取装置)、心電図、超音波エコー、牽引装置、低周波治療器、温熱治療器
募集医師数 1名(診療科目:内科、外科等)
採用予定年月 平成27年12月以降随時
年齢 概ね70歳まで
給与 経験年数約10年で年収2,000万円以上
移転費用の有無 有(赴任旅費等)
医師住宅 医師住宅あり(RC造平屋建3DK)、診療所に隣接・家賃無料
離島の場合 島の人口:350人、島の面積:37.35㎢
交通手段 福江港から海路(定期交通線)で20分、海上タクシーで10~15分
開設者からのコメント、PR等 五島市は、長崎市の西方約100㎞に位置し、福江島の玄関福江港から海路で20分、さらに乗合タクシーで10分の久賀町に診療所は立地しています。 久賀島の人口は約350人、高齢化率約53%で、稲作を主体とした農業が盛んで、島内蕨地区を中心に漁業も営まれています。 島民の安全と医療を確保していく上で、是非、先生方のお力をお貸しください。 身分:五島市職員(地方公務員) 社会保険等:市町村職員共済、共済年金 研修等:学会への参加可能(旅費支給)

対馬市豊玉診療所地図

医療機関名 対馬市豊玉診療所
医療機関所在地 長崎県対馬市豊玉町仁位165番地1
開設者 対馬市長 財部能成
病床数 6床(未使用)
診療科目 内科、整形外科、小児科
医師数
及び体制
常勤3名体制
職員数 看護師5名、事務職員等 計9名
診療日及び
診療時間
月曜日から金曜日 週5日  8時30分~17時15分
休日・休暇 土曜日・日曜日・祭日・年末年始 有給休暇有り
平均患者数 平成26年度実績 外来患者:83.5人/日
平成25年度実績 外来患者:84.9人/日
主な医療設備 超音波診断装置、デジタル画像処理×線撮影装置、ホルター心電図
募集医師数 1名(診療科目:内科)
採用予定年月 平成28年4月
年齢 概ね65歳まで
給与 医師免許取得後10年で概ね 1,750万円
※対馬市直営診療所管理運営等に関する要綱に基づく
移転費用の有無 有り(赴任旅費等)
医師住宅 医師住宅有り(築10年)、家賃無料、診療所に隣接
離島の場合 人口32,568人、面積708.63k㎡
交通手段 福岡空港から30分、長崎空港から35分
博多港からジェットフォイール2時間15分、フェリー4時間45分
開設者からのコメント、PR等 対馬は九州と韓国の中間に位置し、豊かな自然が多い離島の過疎の島で、人口は約32,500人、産業は農林水産業が中心です。当診療所は、その中心部に位置し、市の合併と同時期の平成16年4月1日に開設しました。外来患者数は1日約80名です。総合病院のない中地区に新設され、周辺住民の安心できる診療所としてまた、他の診療所への出張診療を行い、医師3名体制で地域医療に貢献しています。

地方独立行政法人 佐世保市総合医療センター 黒島診療所地図

医療機関名 地方独立行政法人 佐世保市総合医療センター 黒島診療所
医療機関所在地 長崎県佐世保市黒島町3175
開設者 理事長 澄川 耕二
病床数 無床
診療科目 内科、外科、小児科
医師数
及び体制
常勤医師1名(現況)
職員数 医師1名、准看護師1名、看護助手1名 計 3名
診療日及び
診療時間
委細面談の上(半日/週 程度の高島診療所(相浦港から20分程度)勤務要)
休日・休暇 委細面談の上
平均患者数 平成26年度実績 外来患者:9.2人/日
平成25年度実績 外来患者:9.8人/日
主な医療設備 レントゲン撮影装置、超音波診断装置、自動血算計測器、血糖測定器、プロトロンビン時間測定器、顕微鏡
募集医師数 1名(内科、外科又は小児科等)
採用予定年月 委細面談の上 (現勤務医師 平成28年6月末退職予定)
年齢 不問
給与 委細面談の上
移転費用の有無 赴任旅費 有
医師住宅 医師住宅 有(16,080円/月、築39年)
島の規模(離島の場合) 人口 538人、島面積 4.62㎢、島周囲12.5㎞
交通手段 長崎空港~(乗合タクシー:1時間)~佐世保駅
佐世保駅前~(バス:30分)~相浦桟橋
相浦港~(フェリー:50分)~黒島港
通勤を希望される方はご相談下さい。
開設者からのコメント、PR等 昭和48年3月に島唯一の医療機関として開設されました。本院(30診療科、医師数130名超、救命救急センター有)では、黒島診療所の医師に安心して勤務いただけるよう、専門医によるコンサルテーションや休日・夜間を含めた重症患者・救急患者の受入等出来る限りのバックアップ体制を整えさせていただきます。まずは、お気軽に見学にお越し下さい(旅費当院側負担)。